サービス

RTK技術による誤差数cmの高精度な測位を実現

ALES株式会社(以下、「ALES」)の「測位コアシステム」は、ソフトバンク株式会社(以下、「ソフトバンク」)の独自基準点が受信した信号を基に、補正情報を生成し、農機や建機、自動運転車、ドローンなどに搭載されたGNSS受信機(移動局)へ補正情報を配信します。
「測位コアシステム」で生成/配信した補正情報と、GNSS受信機(移動局)が受信した信号を活用してRTK測位を行うことで、誤差数cmの高精度な測位がリアルタイムで可能になります。

2パターンの位置補正情報生成/配信を実施

<エッジRTK>
「測位コアシステム」で補正情報を生成/配信し、位置演算はデバイス(エッジ側)で行います。農機、自動車、ドローン、建機などに活用します。

<クラウドRTK>
「測位コアシステム」で補正情報を生成、位置演算も「測位コアシステム」(クラウド側)で行った上で演算結果を配信します。ウェアラブル、スマートフォン、インフラ監視センサなどに活用します。

ソフトバンクの高密度な独自基準点を使用

全国3,300カ所以上 高密度な基準点を使用 ・お客様による 基準点設置不要・冗長性を担保

全国3,300カ所以上(※1)に設置されるソフトバンクの独自基準点を使用するため、お客様に自ら基準点を設置頂くことなく、誤差数cmを実現する補正情報を全国で配信可能となり、冗長性も担保できます。
また、全国で高密度に配備されていることで、非常に短い時間で安定的な測位とハンドオーバー(※2)が実現でき、基準点をまたぐような長い距離を移動する際も、継続して高精度な測位が可能となります。

※1 11月末以降での設置完了予定数。

※2 GNSS受信機(移動局)の移動に合わせて、最適な独自基準点へ自動的に切り替わること。

観測データを直接ご提供することも可能

常時3,300カ所以上(※)でGNSSからの信号を受信しているため、全国の観測データを所持しております。
地殻変動などの研究に役立つ観測データを直接ご提供することも可能です。

※11月末以降での設置完了予定数。