会社情報

社長あいさつ

ALESによって
人々がより豊かな生活を
送れることを目指して

代表取締役社長 野田 真

代表取締役社長 野田 真

ALES株式会社(以下、「ALES」)は、ソフトバンク株式会社(以下、「ソフトバンク」)と衛星測位に関する技術知見をもつイネーブラー株式会社との共同出資により、2018年7月に設立された会社です。

当社のサービスは、ソフトバンクの独自基準点が受信した信号を基に、ALESの「測位コアシステム(※1)」で補正情報を生成し、高精度測位に必要な補正情報をGNSS受信機に配信、またはクラウド側で補正計算を実施してGNSS(※2)受信機(専用デバイス、スマホ等含む)に高精度な位置情報を直接配信してセンチメートル級測位を実現するサービスです。

当社サービスの特徴としてソフトバンクの独自基準点(3,300カ所(※3))を利用することで、お客様は自ら基準局を設置することなく、安価かつ手軽に誤差数センチメートルの測位を実現する配信サービスを利用することが可能になります。また、ソフトバンクの独自基準点が全国で高密度に配備されていることで、非常に短い時間で安定的な測位とハンドオーバー(※4)が実現でき、基準点をまたぐような長い距離を移動する際も、継続して高精度な測位が可能となります。

今後はALESが提供する高精度測位情報配信サービスを利用したソリューションが、様々な産業で提供されることが期待されます。
例えば、自動車、農機や建機の自動運転化による労働力不足の補填、ドローンへの搭載による制御監視や管理の高精度化、センサーへの埋め込みによる地滑り等の災害対策など可能性は大いに広がると考えます。
世の中への登場当初は認知がそれほど無かったカーナビゲーションシステムが、今は人々にとって必要不可欠なものとして活用されているように、ALESが提供する高精度測位情報配信サービスが人々にとって必要不可欠になる世界を実現したいと思います。

最後に、今後もパートナー様との協業によって、ALESが提供する高精度測位情報配信サービスをベースにした様々なソリューションが展開され、人々がより豊かな生活を送れることを目指して活動していくことをお約束いたします。

代表取締役社長 野田 真

※1 測位コアシステムとはRTK(Real Time Kinematic)測位をベースとした、当社独自の高精度測位情報配信システム。
※2 GNSS(Global Navigation Satellite System)とは、QZSS(準天頂衛星システム)やGPS、GLONASS、Galileoなどの衛星測位システムの総称。
※3 11月末以降での設置完了予定数。
※4 GNSS 受信機(移動局)の移動に合わせて、最適な独自基準点へ自動的に切り替わること。

会社概要

社名
ALES株式会社(英文社名 ALES Corp.)
設立
2018年7月2日
本社
東京都港区東新橋1-9-1
代表者
代表取締役社長 野田 真
事業概要
位置補正情報生成/配信事業
資本金
6億2,500万円
株主構成
ソフトバンク株式会社:80%、イネーブラー株式会社:20%